S13's Parts | ZEGRACE

S13シルビア/180SX 
ドリフト用ナックルアダプター

シルビア/180SX用のドリフトナックルアダプターです。
信じられない程のフロントグリップとタイヤの転がりを感じる事が出来ます。
ドリフト競技でのライバル達との差を求めるなら、このアダプタは
「最強の武器」
となれるでしょう。

S13写真1

ナックルアダプター写真1

S13シルビア/180SX用のドリフト用ナックルアダプターです。
フルカウンター時のキャンバー補正(ネガ・ポジ)を狙い ナックル下部に挟み込む事によってロールセンターの補正も兼ねています。

また、タイロッド取り付け位置を新設する事で大幅な切れ角のUPと共に アッカーマンアングルもドリフト時に最適な角度に補正しております。

テスト車両での角度は、外側(右コーナーなら左側)は52~55度。 内側は50~53度に設定しています。
(注・車両状態によります)

切れ角もドリフトでの「角度に耐える」事には有効であり大事な部分ですが、 それと共に大事なのがフルカウンター時に到達するまでの間の キャンバー変化です。

それらを純正値に近づけドリフト中のフロントタイヤの グリップを最大限引き出せるよう考慮したのがこのアダプターです。

ロアアームはS13純正品を使用します。 ナックルはS14ナックルを使う事が前提となります。 テンションロッドは、ボディ側(前側取り付け部)の 取り付けブラケットのカラーを車体側にオフセットさせる物を使い タイヤの干渉から避けます。

ナックルアダプター写真2

ナックルアダプター写真3

また、キャンバーを付ける為にナックル取り付け穴の位置が 加工されていたり、変更されている車高調を使っている場合は、 長穴加工や画像のような取り付け位置変更用ブラケットを使い ポジティブキャンバー方向に振る必要があります。
(ナックルアダプタ装着でネガキャンになります)

推奨アライメント
トー ±0 (ゼロ)
注)フルカウンター時の切れ方やフロントの走り具合で変更を掛けて下さい。

キャンバー ネガティブ -4度~-6度程度
注)これも任意で変更して下さい。

干渉は各車両の状態によって異なりますが、タイヤハウス後部と前部を ハンマーなどで加工する事で対処出来ます。(車両個体差があるので注意)

また、フロントホイールサイズは8.5J-17インチ、 タイヤサイズは215/45/17推奨。

215幅のタイヤでも、ボディに当たりますので拡大加工が必要となります。

235幅以上のタイヤは、使用するホイール・スペーサー等の関係で より大きな加工を必要としますので、十分注意して下さい。

片側30ミリワイドフェンダー必須となります。

S13写真2

ドリフト写真1

235~245幅のタイヤをフロントにチョイスしている方には、 不安な部分もあると思いますが、215幅のタイヤで十分な フロントグリップを発揮します。

取り付けにはアライメントを考慮しながら、加工を必要とする部分が ありますのでボルトオンとはいえ、手間が掛かります。

しかしその掛かった手間と労力を、喜びと驚きに変えられます。

ナックルの設計を無視したドリフト走行において、従来の考え方を 根底から覆す事でドリフト走行に特化させる事を実現した ナックルアダプター。是非、お試し下さい。

D1SL車両への取り付け例
(外側タイヤ・切れ角52~53度)

切れ角もですがフルカウンター時のポジティブキャンバーに注目して下さい。
アダプターを装着する事により、キャンバー変化が緩やかになり フルカウンター時のポジティブキャンバーも少なくなっています。
これにより外側タイヤの抵抗が少なくなります。

諸事情によりタイヤローテーションは逆になっております。

ナックルアダプター取り付け前写真1

ナックルアダプター取り付け前

ナックルアダプター装着時写真1

ナックルアダプター装着時

D1SL車両への取り付け例
(内側タイヤ・切れ角50~51度)

こちらもキャンバーに注目して下さい。
切れ角はパラレルに近く、ネガティブキャンバーが少なくなっている事が分かると思います。
ロールセンター補正等の効果により、走行時は荷重移動によるバンプアウト・リバンプインを有効に活用し 荷重が掛かった状態ではさらに切れ角が増しますのでフロントの転がりを最大限に生かす事が出来るようになります。

ナックルアダプター取り付け前写真2

ナックルアダプター取り付け前

ナックルアダプター装着時写真2

ナックルアダプター装着時

D1SL山川選手のフルカウンター時の画像です。
バンプアウトを利用する事によるフルカウンターという意味が 良く分かる画像だと思います。
外側タイヤ・内側タイヤの切れ方、キャンバー角度に注目して下さい。

ドリフト写真2

上記説明では性能面での説明でしたが、以下は機能面の説明になります。

アダプターを装着する事で約25ミリ外側に出ますので、延長ロアアームを 購入する必要が無くなります。
そして逆間接(プルプル状態含む)にならない設計の為 ラックの移動を必要としないタイロッド取り付け位置を変える為の ラックアダプターも必要ありません。

この製品を購入するだけで現在の主流となる走りを再現できます。 沢山のパーツを購入する必要が無い分だけ負担も少なくなります。 現状の切れ角でも、競技には十分対応出来ますが、これ以上の 切れ角を求めるのであれば特注で対応出来ます。

ただし、特注となりますので「納期・価格・スペック」等は お問い合わせ下さい。

タイヤハウス内写真

車両への取り付けは、説明をしっかり頭に入れておけば難しいものではありません。 アライメントを考慮しながらの装着となりますので少々手間は掛かりますが ほぼノーマルのような車両でもD1に通用してしまう程の
「戦える車」
の性能を手に入れられるとなれば その手間さえ惜しいとは感じられないと思います。
価格は少し高額になりますが、決して損はさせません。

ドリフト写真2

タイヤハウス内写真

S13シルビア/180SX 
ドリフト用
ナックルアダプター

価格114,000円(税別)

(内訳:ナックル加工・溶接・S14ロアアーム対応スペーサー込)

ご注文・在庫確認

要S14・S15 ナックル下取り(傷・歪の無い物に限ります)
S14・S15ナックル到着後、使用不可の場合は再度用意してもらう必要があります。その際に発生する送料等はご負担願います。
S14・S15ナックル下取り無の場合は定価129,000円(税別)になります。

ナックルアダプター商品写真

S13ナックルアダプターシリーズ
共通注意事項

S13/180SX用です。
S13純正、もしくはそれに順ずるロアアームが必要です。
S14ナックル仕様です。S13ナックルは使えません。
S14ナックルで、ショート加工が施してある場合は、干渉の可能性がありますので加工しなければならない場合があります。
タイヤハウス内の加工及び延長タイロッド必要、ワイドフェンダー必須です。
テンションロッド取り付けカラー等でテンションロッドをボディ側位置にオフセットさせる必要があります。
塗装してありませんので装着後に錆対策として塗装して下さい。

重  要

この部品は競技専用部品です。公道での使用は出来ません。

クローズドコース以外での使用で被った損害に対して、当社は一切の責任を負いません。

誤った装着等、使用者が起因となる損害についても同様です。

<意匠登録 登録第1558389号 自動車用ナックルアダプター>

意匠登録しておりますので製品のコピー・類似品製作は一切禁止します。

S13シルビア/180SX 
ドリフト用ナックルアダプター 
Type-2

シルビア用ナックルアダプターのハイレスポンスタイプになります。

従来のスタンダードタイプと比べて、ステアのレスポンス、切れ角もアップさせた
『Type-2』

スタンダードで実現させた「フロントの走り」や「操縦性」はそのままにして、ステアリングレスポンスを追求したモデルとなります。

type-2写真1

type-2写真2

最大切れ角は外側56~55度、内側55~54度のアッカーマンアングル差1度(トーゼロ時)に設定しています。

此処まで攻めた設計となっていますが、フルカウンター時のステアリングの引っ掛かり感や違和感はありませんし、逆間接にならないよう設計しています。

 推 奨 設 定 
タイヤ 215/45/17、235/40/17
トー ±0
キャスター 6度30分~45分(純正値)
キャンバー -4度~-5度

S13シルビア/180SX 
ドリフト用
ナックルアダプター Type-2

価格114,000円(税別)

(内訳:ナックル加工・溶接・S14ロアアーム対応スペーサー込)

ご注文・在庫確認

ワイドフェンダー、テンションロッドオフセットカラー、ノーマルロアアーム、延長タイロッドエンドが必要です。
要S14・S15 ナックル下取り(傷・歪の無い物に限ります)
S14・S15ナックル到着後、使用不可の場合は再度用意してもらう必要があります。その際に発生する送料等はご負担願います。
S14・S15ナックル下取り無の場合は定価129,000円(税別)になります。

type-2商品写真

シルビア用ナックルアダプター
「Z.S.S.植尾スペシャル」

植尾勝浩選手のドライビングに合わせたナックルアダプター・タイプ2の発展系です。 タイプ2との違いは、レスポンスの向上と幅が広い18インチタイヤへの対応となります。 切れ角はほぼ変わりありませんが、此方のタイプの方が若干切れます。
(アライメント数値で変わります)

植尾スペシャルー写真1

D1GPで植尾選手の走りを最大限に生かせるよう、「スペシャル」として開発しました。 設計段階から植尾選手の意見を取り入れ、アライメントも理想の状態で使えるように考慮 しながら約半年の開発期間を経て完成しました。

植尾スペシャルー写真2

テスト走行でも「フロントタイヤの走り」は従来の加工ナックルを凌駕し、植尾選手ですら 「フロントが走るのでアクセルを踏み続けなければいけない」 と最大級の評価を得る事が出来ています。最高峰であるD1GPのみならず、各大会において成績を残す為には必須となります。

植尾スペシャルー写真1

植尾スペシャルー写真2

シルビア用ナックルアダプター 
「Z.S.S.植尾スペシャル」

Z.S.S 植尾スペシャルは、足回りのセッティング・アライメントが決まっています。使用するには推奨値で無いと最大の能力を発揮する事が出来ません。
販売、製品詳細はすべて「ガレージシフト」に委任していますので弊社からの購入は出来ません。

定価・納期は下記問い合わせ先にご連絡下さい。
(弊社からも取次は可能ですのでお困りの際はお問合せ下さい。)

『ガレージシフトへ問合せ』

『ZEGRACEへ問合せ』

植尾スペシャル写真

お問合せ先

ガレージシフト 植尾勝浩

〒861-5403

熊本県玉名市天水町部田見2722-2

TEL /FAX : 0968-71-5868

ガレージシフト
HP : www.zss-racing.com/garage_sift/index_gs.html

POWER GROUP 株式会社
P.G.I (Z.S.S. Racing)

〒664-0892

兵庫県伊丹市高台4-4

TEL : 047-703-3900 
FAX : 047-703-3901

POWER GROUP 株式会社 P.G.I
HP : www.power-group.co.jp

Z.S.S. Racing
HP : www.zss-racing.com/

S13ナックルアダプター専用 
S14/S15対応変換スペーサー

S13用ナックルアダプターをS14・S15に使用出来る用にする為のテーパー角変換スペーサーです。

S13とS14・S15のナックルが共通でないのは、ロアアームボールジョイント部のテーパー角度とナックル部の厚みが違う事によります。

双方の寸法測定を行った結果、最小の片側隙間が約0.5ミリあるので、スペーサーの製作が可能であると判断しました。

スペーサー写真1

スペーサー写真2

スペーサー写真3

※画像はスペーサーを使い、S15に装着した際の画像です。

画像の様にS14ロアアームにスペーサーを被せます。

スペーサーの内径テーパー角はS14・15と同角度±5′で製作しているので、隙間無くぴったりと装着できます。

その上にナックルアダプターを装着すればぴったりと密着しますので、安心して使用できます。

ナックルアダプターとS13ナックルのボールジョイント取り付け穴部は同寸法ですから、アダプターの代わりにS13ナックルを使用する事もできます。

S13ナックルアダプター専用
S14/S15対応
変換スペーサー

価格14,000円(税別)

ご注文・在庫確認

スペーサー写真4

トップへ戻るボタン